義務教育と社会のレベル基準

質の高い教育を実現するためには 義務教育は日本の基本的な根幹をなしている教育で、今の日本を根幹で支えている教育でもあり、これが無くなれば、日本自体が衰退していくということは間違いないように感じます。識字率や簡単な計算などは、世界の国々ではできていない国や、国民の殆どが読み書きができない国もあります。日本の場合には明治以前の寺子屋などの教育が基本になり、その後の発展があったということも言われていて、江戸時代の庶民も教育の価値を理解して、熱心だったということもわかります。日本民族の基本に教育の価値の理解があるのかもしれません。また教育の水準が、社会層を作っているということも確かです。見えないですがレベルがあるのは、なんとなく理解できます。

例えば一流大学を出て就職すると、同じレベルの人達の社会層に加わります。全てではないですがそうなります。それは男性も女性も同じです。そして自分たちもそのようなアイデンティティを支えにして生きていくわけです。中間層は中間層の、最下層は最下層のところに落ち着くわけで、例えば生活保護を一度受けると、中々そこから抜け出せなくなるということや、シングルマザーの貧困化などもその一例でしょう。良いか悪いかは別にして、レベルアップには結局教育が欠かせないということになります。

Copyright (C)2019質の高い教育を実現するためには.All rights reserved.